ラブラドール・ゴールデンなどのレトリーバー種の保護・里親捜し

HappyLabsハッピーラブズ | レトリバーレスキューチーム・ハピラブ

ハピラブわんこのブログ「頑張るわん!」

ハリーを保護しました。

投稿日:2018/11/29 カテゴリー:ハリー 

長らく掲載協力で載せていた黄ラブの男の子を保護し、ハピラブの子として里親さんを探していくこととなりました。

新しい名前はハリー。
額に傷のある魔法使いの男の子の名前です。

ハリーは小さい頃からネグレクトを受け、あまり構われずに育ちました。
その後保護されましたが、そこでも事情でおうちには入れて貰えず、外飼いの日々が続きました。
暑い暑い夏も外。どれだけ頑張ってきたことでしょう。


手足に多数の鉄条網でつけたという傷があり、それが痒みをもって自分で舐めてしまうので固くかさぶたのようになってます。
お腹や首や肘もかきむしってしまうので象の皮のようになっていていて可哀想です。

それでもハリーは人が大好き。とにかく構って欲しくて仕方なく、愛情に飢えています。
今まで、人が自分のことを見てくれるのは特別なことだったからでしょう。

外飼いから室内への移行でどうなるかと思いましたが、いたずらをするでもなくトイレも外でして、特別に困ることは何もありません。

散歩は油断すると引きや飛びつきはありますが、注視してリーダーウォークをするときちんと脚側で歩けます。

犬にはあまり興味はなく、ひたすら人が好きで、うちの先住犬に一喝されてシュンとしたのもつかの間、人が自分のことを見てくれるだけで嬉しくて嬉しくて仕方がありません。

皮膚の状態が悪いので、食で改善すべく、我が家の先住犬と一緒の鹿肉入り手作りご飯を作ってあげたのですが、「なに、このべちゃべちゃしたやつ。ご飯じゃないし…」とあまり食べてくれません。おやつなどもあまり食べたことがなかったのかそれとも興味が無かったのか、豚耳ジャーキーを残されたときは衝撃でした(笑)ラブなのに…

ためしにサンプルでもらったドッグフードをあげてみたところ、「これこれ!」とあっという間に完食しました。そうですね。君は愛犬元気食べてたんだもんね…。


とはいえ、できたらいいごはんを食べて欲しかったので、残された手作りごはんをお好み焼きのように焼いたら、今度はやっと食べてくれました。しばらくは慣らしながら試行錯誤していきます。

若くて賢くて可愛いポテンシャルは未知数のハリーですが、子犬のように無垢で何も知りません。
これから沢山お勉強をしたら素晴らしいラブになることは間違いありません。

そんなハリー、もう少し皮膚を改善し、去勢をしてから里親さんを募集します。

どうぞよろしくお願い致します。

 

ハリーのプロフィール

黄ラブ♂ハリー/保護中

 


2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

検索

QRコード


ご支援のお願い

あしながサポーター

Instagram

公式チャリティグッズbyClubT

小型犬服・人用服はこちら

公式チャリティグッズbySPIKE

大型犬服・バッグ・ステッカーはこちら

facebook Like Box